†ALI PROJECTとクラシック音楽†


月のように 夢のように 薔薇のように 闇のように 毒のように 天使のように
美しいとは、貴方、こう云うことよ


こちらはアリプロのデビュー曲【恋せよ乙女】の広告からのフレーズです。
アリプロらしい本当に良い表現だと思っています。
アリプロの音楽というのは、いろいろな要素に気品をプラスした現代音楽。
ここでは、アリプロジェクトとクラシック音楽についてご紹介したいと思います。

アリプロの曲を聴いていると、時々ふっとクラシックのフレーズを
聴いたような気がすることがあります。
アリプロのお二人は、幼い頃からクラシックに親しんでいらっしゃるようなので、
自然とそのようなフレーズが出てくるのか、或いはオマージュの意か、片倉さんの遊び心か
真相は解りませんが、そのあたりに注目してみるとまた面白く聴けるかもしれません。
どの曲にどんなクラシックが…とまでは説明しませんが、いくつか例を挙げてみるとこんな感じ。

フォーレ  『シチリアーノ』
シャブリエ 『音楽帳の一頁』
プーランク 『即興曲・第7番』
グリーグ  『ペール・ギュント』山の魔王の宮殿にて
マスカーニ 『カヴァレリア・ルスティカーナ』間奏曲
アルベニス 『タンゴ』

その他、個人的にはプーランクの『ナゼルの夜・前奏曲』がアリプロ的だと思いますし、
アリプロの『病める薔薇(そうび)』もピアノ曲にしたらショパンの香りがするのでは??
読書家の方だとアリカさんの詩のルーツになった文学作品に気付くようなのですが、私はどうも
アリカさんと読書の趣味が一致しないようで、なかなか気付けません。残念なことに。


2005,1/8 担当・ユミコ


★TOPへ★